Home > お知らせ | 同人 > お知らせ

お知らせ

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51516376.html

 

彼に…抱かれました。あとね…がアキバblogに紹介されました。アキバblog様ありがとうございます。

 

同人誌 O・F・T NTR マコト が販売開始されました。

とらのあなさま
toranoana

メロンブックスさま
banner

ご興味がございましたら宜しくお願いします。


コメント:3

匿名 16-03-08 (火) 0:11

失礼いたします。先日コメントさせていただいた、30代専業主婦です。実はコメントをさせていただいた事を主人報告したのですが、主人から思いもしない言葉をもらいまして、再度コメントをさせていただきたく失礼をいたします。主人からの言葉なのですが、女性目線でということでの内容が、思いのほか厳しいと、かなり冷酷なんだねという評価をもらいましたが、私としては、そんなことはないと思いますし、同性の感覚では普通の感想だとおもうのですが?どうなんでしょうか?かなり柔らかく表現したつもりなのですけど。もっとはっきりとした言葉でいえば、かなりひかれるのではと思い遠慮した部分があったのですけど。同じ女性からしたらこの黒瀬勝子さんですけど、やっぱり受け付けられないんです!最初から見返して見ましたけど、純くんへの仕打ち・裏切り行為・嘘・全てがあり得ない行為なんです。本当に愛してる人に対して絶対にしてはいけないこと、絶対に出来るはずの無いことをいとも簡単にしてしまう様な女なんて、誰が認めますか?本当に愛してるなら命にかえても裏切るなんてことは絶対に出来ないはずなんです!しかもシリーズの中で、この人何も失ってないんです。少しも傷ついてないんです。自らの欲望のために平気でうそをついて、年下の男の子の人生を狂わせようとして、大体裏切り行為を本人に見せつけておいて、何度も何度も傷つけて、そのあとからまだ愛してるとか、まだ好きだとか、何を考えてるのかさっぱり理解できません!因果応報という言葉どうりに彼女にも自分のしてきたことの報いが自分の身に起きるんだということを思い知らしめてあげてほしいと願うのは、非情で冷酷なんでしょうか?先生どうおもわれますか?他の女性の方からのコメント等どうなんでしょうか?

tanakaaji 16-03-13 (日) 21:04

作品を読んでいただきまた感想を貰ってありがとうございます。

他の女性のコメントというのは明確に性別がわかる場合は少ないので正直なんとも言えません。

勝子の人間性に関してですがまだ話が完結していないのと

今後の話にかかわる部分があるので話が完結したら、もしかしたらになりますが

お応えさせていただきます。

匿名 16-05-27 (金) 0:10

荒れるかもしれないので非表示でお願いします。

快楽に流されて正直になるのは悪いことなんでしょうか。
快楽を提供してくれる和也に対してなにも提供してくれない純という対比で考えると、他の方がコメントしていた和也に罰をという考えになるのか苦しみます。
自分は昔遊んでいたときに付き合っていた女のことが好きすぎて奇妙なことを考えました。
こんな魅力的な彼女はもっともっとチヤホヤされてもいいんじゃないか。でも自分に提供してあげられることには限界がある。
女性はいろんな人にほめられてもっと魅力的になるんじゃないか。自分だけのオリに入れておくのはかわいそう。
彼女と結婚するかどうかはわからないけれど、彼女の可能性を閉じることはしたくない。
そんなときに彼女が人生初コンパに誘われたと言ってきて、自分は彼氏いない女として行ってくればと言いました。
結果キスマークをつけて翌々日に戻ってきました。ものすごいショックでしたが、彼女にとってはいい経験ができたと今でも思います。
自分は純の立場も和也の立場も何度か経験してます。何も勝子に提供も許しもしないで待ちの姿勢の純に対して、待ちの姿勢だった昔の自分を重ね合わせてざまあみろという気持ちがありました。勝子が自分の思い通りになってくれないからキレたり引きこもったり優美を不安にする純にもっと苦しめと思いました。まあそんなだから勝子シリーズにハマったのかもしれません(笑)。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://tanakaaji.sakura.ne.jp/blog/wp-trackback.php?p=887
Listed below are links to weblogs that reference
お知らせ from なまけもの騎士団

Home > お知らせ | 同人 > お知らせ

検索
フィード
メタ情報

Return to page top