Home > お知らせ > <販売開始>アンスイート井上愛+(プラス)大嫌いなアイツに処女を捧げた その日の夜 デジタル版vol.1

<販売開始>アンスイート井上愛+(プラス)大嫌いなアイツに処女を捧げた その日の夜 デジタル版vol.1

こんにちは 田中あじです。
原稿作業中なので簡単なご報告です。

アンスイート井上愛+(プラス)のデジタル版が
以下のサイトで販売開始になりました。
内容は以前出した同人誌と一緒のものになります。

もしよければ読んでください。

DLsite.com

DMM
※10日からの販売になります。

gyutto

DiGiket.com


コメント:4

NBC02554 13-12-22 (日) 3:17

vol.2も発売されてたので購入しました。カラーとPDFが嬉しい。

axel 13-12-26 (木) 22:36

私もvol.2を購入しました。デジタル版ではあとがきを新しく書かれていたんですね。
井上愛編が一番好きな話なので3を楽しみにしてます!

NTR妖精s 13-12-27 (金) 6:49

汁汁「この話もそうだけど、続編の方も順調に売れてるみたいじゃね?」
桃桃「ほんとだねーv 特に続編が出てから1作目も相乗効果でDL数も上がる一方だし、
…この手のジャンル好きはかなり多いんだって実感するねー!」
汁汁「DL進出第一作の和久井和美編も・・・もう2000越え!?凄いじゃん!ウッハウハじゃん!実はかなり儲かってんじゃね?」
殺殺「いや・・・和美編だけに限って言うなら、作者の元には一銭も入っていないはず」
桃桃「え・・・えええええええっ???」
汁汁「そ、そんなバカなぁぁ!!!!!」
殺殺「我々が払ってる代金は、あくまで各DL会社からのダウンロード手数料のみで、
…仮に100円以上の収入を得ようとするなら、最低でも300円以上の価格設定にしなきゃ駄目って事。
…もっとも和美編は元々が無料配布本だったし、DL作品進出の名刺代わりになればと抜擢されたのは想像するに難くはないけどね」
汁汁「それだったらさぁ・・・ダウンロード手数料すら無料の所にも登録すべきだったんじゃね?
…ほら・・・同人誌を置いて貰ってる高級果物みたいな名前のショップとか~」
桃桃「それに無料配布本なら井上愛ちゃんの本とかもあるんだし別に和美さんに拘らなくても・・・」
殺殺「井上愛の無料本は、既にここのブログで全ページを貼ってあるからデジタル化しないだけなんだと思う。
…それにメロンみたいにダウンロード手数料込みで無料の所で登録しちゃうと、ほぼ其処での独占状態になって
…手数料の発生する所では一切利用しなくなる可能性の方が高いからじゃないかな」
桃桃「そっかぁ~そう言えばそうだったね」
汁汁「・・・あ、話はちょっと変わるけどさ。最近作者、日記の方ずいぶんとご無沙汰じゃね?
…この話の続きの告知しかり真激の姉アンスイート最新話しかり・・・」
桃桃「き・・・きっと原稿作業で忙しいんだよ!今年の冬はコミケも当選してるし、
…やる事が一杯だから・・・」
殺殺「多分、告知しないんじゃなくて告知したくてもできないんだと思う。スケジュール面だけでなく対外的な意味で」
汁汁「・・・それ、どゆ事・・・?」
殺殺「作者が現在仕事してる所はクロエ出版とコアマガジンなのは周知だと思うけど、最近コアマガジンでの原稿を落としてるんだよ。それも2ヶ月連続で」
桃桃「え?・・・そうなの?」
殺殺「そんな状況下でやれ真激の告知だデジタル井上愛2の告知だ冬コミ新刊のお知らせとかやりだしたら、コアの編集から
…『オウオウオウ、ウチの原稿落としといて悠長に他の仕事のお知らせかい?・・・幾らウチの会社が弱体化を余儀なくされたとは言え舐められたもんじゃのう・・・あぁん?』
…とか言われかねないでしょ、実際の話」
汁汁「・・・確かに」
殺殺「なので告知をするのなら、コアさんの原稿を入稿し終えてからが妥当な所だと思う。時期的に雑誌の発売は来月中旬の発売だから
…年末年始進行的にも今頃が〆切デッドラインかなと」
桃桃「じゃあ・・・そろそろお知らせが来てもいい頃なんだよね?ちゃんと入稿出来てるといいなぁ・・・」
汁汁「大丈~夫!描く所が一社減れば、そのぶんもうひとつの仕事先での原稿に注力出来るから、クォリティ維持が保てるから良いんじゃね?」
殺殺「商業クビになってもある程度の補填は出来る、その為のデジタル同人です」
桃桃「ふたり共~そんな各方面に向けて不安にさせること言わないの!!!」
汁汁「ところでさ、この時期と言えばコミケな訳だけど・・・作者は何出すんだろうね?以前の告知通りに勝子の続き?」
桃桃「・・・う~ん、私は愛ちゃんの続きでも和美さん雅史サイドの完全版でも構わないけど・・・」
殺殺「告知での発言を参考にするなら、版権物が来る可能性もあるかと。しきりに『久々に版権物描きたいな~(チラチラッ)』ってアピールしてたし」
桃桃「そう言えば・・・愛ちゃんの3作目のタイトルってどんな感じになりそうだと思う?皆で予想しあうのはどうかなぁ?」
汁汁「そう言う桃ちゃんはどんな感じだと思う訳?」
桃桃「そうだなぁ・・・2のラストを見る上では『大好きだった幼馴染にも私の痴態を知られてしまった・・・もう戻れない』とか?」
汁汁「私はもうちょっとビッチ臭く『あんなに大嫌いだったアイツ・・・今は離れられないほど好き、好き、大好き(ハート)』じゃね?」
桃桃「愛ちゃんも元々ビッチ臭い汁ちゃんに言われる筋合いは無さそうな気もするけど・・・殺ちゃんは?」
殺殺「『・・・て言うか、お前ら震災直撃の間もない頃に何ふざけた事やってんだ・・・ぶっ殺されてぇのかこのダボが!!』かな」
汁汁「殺ちゃんって被災地の出身だったっけ?」
殺殺「もしくは『アレアレアレ?井上愛の在庫がないって言ってるけど、メロンブックスには未だ在庫が青色で鎮座ましましてるじゃないですかやだー!』かな」
桃桃「あ・・・あははは・・・何だろう、物凄い情念みたいなのは感じるよね(汗)」
汁汁「怨念、の間違いじゃね」
殺殺「新作、期待してまーす」
桃桃「凄く白々しく聞こえるよ殺ちゃん・・・」

田宮良太郎 14-03-23 (日) 20:56

どうも初めまして!!
先日、DLsiteにて「アンスイート 井上愛プラス」シリーズ1&2を購入した者です。
NTR物を検索して偶然目に止まったので購入してみましたが、これはオイラにとって久々のヒットですね♪
何というか、久々に胸にナイフでザクザク滅多刺しにされて心臓を抉られるような衝撃を味わえましたです。

しかし、2の最後でついに章介に愛と康夫の今まで隠されてた真実がバレてしまったところで終わってしまったので、この後の章介はどうしたのか、そして何故あれほど執拗に愛を貪り調教し凌辱していた康夫が二年生に進級した途端に一切関心を持たなくなり突然退学したのか、そして何故突如戻ってきたのか気になって仕方ないです。

あと、康夫が愛と章介のカップルに近づいた理由も気になりますね。
一応「学校でかなりの上玉な井上愛を自分のモノにして弄びたかった」と商業誌版の単行本で語ってますが、本当は章介(または生田家)に恨みがあるのでは?と思ってます。
あれはどう見ても章介を陥れるのが真の目的のように見えて仕方ないですから。(愛を手に入れるのはそのついで)
そして真実をバラした後で悔しさと悲しさと憎悪の表情を見せつける章介の顔が見たいのが康夫の本来の目的、章介(またはその一族)に対する「復讐」ではないかと思ってます。

二年生になってから康夫が二人に関わらなくなったのは、無論単に「井上愛に飽きたから」ではありましょうが、同時に「章介に対する復讐や愛を弄ぶ事に『虚しさ』を感じたから」ではないかと思ってます。
退学したのも過去の問題が発覚して退学処分になったのではなく、先ほど述べたような「虚無感」により学校に通う事にも意味を感じなくなり学校を辞めたのではないでしょうか?

男たちに輪姦されそうになったのはもちろん康夫の預かり知らぬ事態だったのでしょう。
さんざん愛を性奴隷のようにメスブタのように弄んだ康夫ではあったけど、そうはしなかったのも「章介に対する復讐」が目的であったからでしょう。
まあ、流石にこういう事態になった事には流石の康夫も反省してるから敢えて愛のビンタを受けたのでしょうが。

そんなこんなでついに章介に康夫と愛の隠された「真実」がバレた事で康夫の「復讐」は完了し当の目的は果たされたから康夫としては何も思い残すことはないでしょうが、果たして今まで騙されてきた章介はどういう行動をとるのでしょうかね?

今まで一年間もずっと騙してきた事に今度は章介の方から「反撃」するのか、ただ何も言えずに愛との「偽り」だった恋愛関係を(愛とのセクロス無しに)「破局」を迎えるのか、それとも目的を果たした康夫が自ら去り残った章介と愛がもう一度(ギクシャクしながら)二人の関係を立て直すのか?本当に気になって仕方ないです。
まあ、いずれにしてもイバラの道を歩むことになりそうですがね(-_-;)

まあ、一応章介と愛が「破局」しても、2から登場したオカッパヘアーの唯ちゃんって娘辺りが章介に対する「救済措置」の役割を果たしてくれるかもですが。

まあ、どう考えても(仮に章介と愛が元の鞘に戻っても)とても「ハッピーエンド」になる展開は望めないでしょうが、とりあえずそれぞれ三人が納得のいく「終わり方」を迎えてほしいものです。

長くなりましたが、どうやら完結編である「井上愛プラス 3」を書いてくれるそうですから、それの発売を期待してます。
それでは原稿の執筆頑張ってくださいませ。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://tanakaaji.sakura.ne.jp/blog/wp-trackback.php?p=564
Listed below are links to weblogs that reference
<販売開始>アンスイート井上愛+(プラス)大嫌いなアイツに処女を捧げた その日の夜 デジタル版vol.1 from なまけもの騎士団

Home > お知らせ > <販売開始>アンスイート井上愛+(プラス)大嫌いなアイツに処女を捧げた その日の夜 デジタル版vol.1

検索
フィード
メタ情報

Return to page top