Home > アーカイブ > 2013-02

2013-02

姉アンスイート掲載

こんばんは。田中あじです。

真激4月号に姉アンスイート2話が掲載されました。

よかったら読んでくださいませ。


メガストア4月号 2/16 本日発売

こんばんは 田中あじです。

メガストア・真激両方共ギリギリになんとか入稿終わってとりあえず
無事掲載されそうです。
細かい事はさておき、メガストアで2話目が掲載されています。

今回は主人公の妹凛と親友の崇のお話になります。

<第二回紹介>

鹿島凛

誠太郎の一つ下の妹。子供の頃から兄大好きでどうにか

彼女になりたいといつも思っている。

一見するとわがままでマイペースな言動が多いが

実際わがままでとにかく兄が一番大事。

水瀬崇

誠太郎の一番古い幼地味兼親友。

子供の頃から好きになる子が被っており誠太郎に対しては

物分りの良い振りをしているが実は・・・。

見た目通り女子にはよくモテて常に何人かの

ガールフレンドがいる状態。

凛とは一応彼氏彼女の関係だがほとんど

名目上の付き合い。


救いについて

こんばんは というかおはようございます 田中あじです。

明日の夜から明後日の日中にかけて大雪になるとか
ならないとか、皆様怪我しないように気をつけてください。

こんな時間ですが、よく問い合わせにある“救い”について
ちょっと心情を話したいと思います。
作者本人が寝取られ賛美というか楽な気持ちで嬉々として
ヒロインを汚してるわけでないです。むしろどのヒロインも大切に思っていてもっとラブラブとか(前の姉スイートとか今月のメガストアの2話目の前半とか)も大好きです。
ですが、じゃあなんで苦しい思いをして寝取られを書いているか
と言うともちろん単純な好き嫌いの好きもあるのですが

ラブラブで結ばれるカップル>ラブラブだけど簡単には結ばれない

で考えると後者に少しだけ真実というか
思いゆえのもにゃもにゃしたものが単純なラブラブよりも
愛や執着があるんじゃないかなぁ・・・という上手に説明出来ないですがそんなところから始まっています。
なので自身も痛い思いをしながら原稿を書いているので
なかなか筆が進まなかったりします。
ですので、何がなんでもヒロインを不幸にしてやろうとか
救いなんて一切ないよという気持ちでは作品を描いてないです。
でも、何が救いなのかは自分にもはっきりとはわからないというのがあります。今回の同人誌の最後の純は救いたいと思っているのかあるいは違うのか葛藤している状態です。
結ばれる事が救いなのか、あるいは乗り越える事が救いなのか
あるいは元彼を無視して今彼を好きになるのが救いなのか
本人も常に葛藤しています。
冗談抜きで話のある方向は決まっていてもオチが決まっている作品はひとつもないので作者本人も自問自答しながら完結出来るように頑張りたいと思っています。あんまり回答にはなってないですが。


アンスイート黒瀬勝子プラス あれから・・・ 発売!

こんにちは 田中あじです。

同人誌ですがなんとか無事?発売されました!

すいません入稿が遅れたので2/2の日にお店に
届いたので場所によっては入荷が少しずれていたのかも
しれません、本当に申し訳ないです。

まだ原稿作業中で9日までに2本原稿入れなくては
いけないので現在修羅場中なので細かいことは
また9日以降お知らせします。

とりえあえず勝子に関しては今の段階で頭にあるもの
ほぼ全部描けたと思います。

またあわせて井上愛プラス1と2も若干数再販させて
いただきましたのでこちらももし興味がある方おりましたら
お手にとってみてください。

今やっているのはメガストアの2話目と真激の2話目に
なります。間に合うように頑張りまっす。


Home > アーカイブ > 2013-02

検索
フィード
メタ情報

Return to page top